夫婦

女性の命でもある髪を守る術|薄毛の原因を探ろう

体をあたためる

男性

事前にチェック

人間は過剰なストレスを感じると、血行が悪くなるという。血流の流れが悪くなることで心臓や肝臓、腎臓など各臓器の機能も低下する。血行不良は毛の成長にも影響を及ぼし、毛が抜けては生えるというサイクルが滞って薄毛へと発展することもある。1度薄毛になると回復させるのに長期間の治療が必要となるが、日々の努力で早めることもできるという。それにはまず、体をあたためて血流を良くすることである。頭皮だけをあたためてもあまり意味はないので、全身の血流を促進させる成分を与えると良い。頭皮と体をあたためる効果のあるサプリメントが薄毛解消に良いとされている。サプリメントは口にするものなので、体に合わない成分が入っていないか、事前にチェックしておく。

空腹時は避ける

血流促進効果のある「カプサイシン」と「ヒハツエキス」が薄毛に高い効果を発揮できるという。毛髪の抜けては生えるシステムを手助けするのにも、この2つの成分が大きな鍵を握る。カプサイシンとヒハツエキス配合のサプリメントを毎日取り入れると、まず抜け毛が改善されると言われている。「シャンプーをするたびにごっそりと抜け落ちていた」という苦痛から解放されるという。薄毛になる人は冷え症の人が多いと言われている。毎年靴下を重ね履きしなければ冬を乗りきれなかったという人も、体が芯からあたたまって、過ごしやすくなるという。カプサイシンとヒハツエキスは胃腸に負担をかけるので、空腹時は避け食事をしたあとに摂取するよう心がけると良いだろう。