夫婦

女性の命でもある髪を守る術|薄毛の原因を探ろう

ストレスやそれ以外のこと

男性

ストレスを中心に

一般的に薄毛の原因として考えられているのは、仕事やプライベートでのストレスです。ストレスによって頭皮への血流が悪くなり、結果として毛の生えてくる周期に影響を及ぼします。また、過剰な喫煙や飲酒、偏った食生活も大きな影響を及ぼすため、食生活の見直しは重要なポイントです。それ以外には、シャンプーやリンスの方法が間違っていて、汚れが落ちきれていない事から頭皮の衛生面に問題があり、薄毛となってしまう可能性もあります。洗髪は髪ではなく頭皮を中心に洗うことであり、頭皮をメインにしていないと抜け毛や薄くなる原因となりやすいです。生活習慣を見直すことによって、抜け毛の量が抑えられたり、育毛しやすくなる可能性が高まるので試してください。

対策は若いうちから行う

薄毛対策としては、若くまだ薄くなっていない頃から始めることで、原因となりうるリスクを排除し、抜けにくくなりやすいといいます。特に頭皮マッサージやシャンプー、リンスを丁寧に行うこと、整髪料をつけすぎないように心がけるだけでも若いうちから頭皮の状況を将来のリスクから回避できるからです。また、洗髪はできるだけ夜に行って朝洗うリスクを避けることも重要といえます。バランスのよい食事も必要ですが、大量に取り入れるのも良くありません。ある程度腹八分目になる程度で調節しておくことが、頭皮への負担を改善できるからです。薄毛の原因となりうる夜更かしや毎日スナック菓子や甘い物ばかり食べることを控え、運動を定期的に行って頭皮への血流を促進すると対策につながります。